農家の想いを伝えるお手伝いをする、コーチ兼業農家のサイト

コミュニケーション

  • HOME »
  • コミュニケーション

コミュニケーション力を高めるための情報を集めたページです。

コーチングとは?

 

 

コーチングとは?

 私は農業ビジネスコーチと名乗っていますが、そもそもコーチングとはどんなものか、まとめてみました。

 まず、コーチの語源ですが、元々は馬車という意味です。

 馬車は人を目的地まで連れて行きます。

 コーチングも馬車のように、相手を目標達成まで導くということで、こういう名前になりました。

 

 それで、実際に目標達成まで導く方法ですが、そのためには「これこれこうすればいい」とやり方をアドバイスする訳ではありません。

 それはコンサルティングの領域となります。

 コーチングでは、その人が自分で解決する能力を持っていることを前提に、解決策を自分で引き出すことを目指します。

 例えば、あるお店でもう少し売上を伸ばしたいというような時、そのお店のことはお店の主人が最もよく知っている訳です。

 今までどんな取り組みをしてきたとか、どんなお客様がいるとか、従業員がどうだとか。

 それらの知識、経験の中には解決につながるヒントが沢山隠されているはずです。

 それを掘り下げていって、取りうる対策を考えていきます。

 このために、オートクライン効果というのを使います。

 オートクラインとは、もともと細胞学の言葉で、ある細胞が分泌した物質が、その細胞自身に作用を及ぼすことです。

 コーチングにおいては、自分が話すことによって、自分の考えが整理されたり、新しい気づきを受けたりします。

 よく、人と話をしている時に、今まで考えてもいなかったことを突然言ったりしませんか?

 自分でもビックリしますね。

 コーチングでは、これを利用します。

 ただし、闇雲に話しをすればいいという訳でもありません。

 コーチの役目は、相手が自分の考えを整理したり新しい気づきを得られるように、適切な質問をすることです。

 そして、相手の話の内容や話しているときの態度をよく観察し、それを相手に客観的伝えることです。

 「あなたが○○の話をしはじめた時に、急に目が輝いて話すスピードが早くなった」

 とかいうと、○○の話が相手にとってとても重要で興味を持っている内容であることを、相手が改めて気付くわけです。

 

 どんなことでも、大きな成果を得るためには、自発的に物事に取り組む態度が必要です。

 人から与えられたものは、往々にしてやる気が出ないものです。

 これに対して、オートクラインによって、自分で見いだした新しいアイディアやアプローチ方法は、モチベーションも上がり、自発的に取り組む気になります。

 このような原理ですが、しかしながら、今までの知識や経験からだけでは、今までの延長線上の解決策しか出てこないのでは?と思われるかもしれません。

 これに対しては、コーチングではクライアントの意識を変えることに留意して会話を積み重ねていきます。

 それにより、今までの延長線上でなく、より高い成果を得るための解決策を模索していきます。

 意識を変えるということで有名なのが、テニスのコーチの例が挙げられます。

 テニスのみならず、球技ではよくボールを引きつけて打て、と言われますね。

 でも、口でそう言われてもなかなかできないようです。

 そこで、あるコーチング的なアプローチをするテニスコーチがした問いかけとして、

「相手から来たボールはどんな回転をしていたか?」

と質問したそうです。

 そう聞かれると、選手はボールをよく見ざるを得ません。

 これにより、自然にボールを引きつけて打てるようになります。

 つまり、体の動きからボールの観察に意識を変えるわけです。

 

 スポーツだけでなく、ビジネスや生活習慣の面でも同じようなアプローチをします。

 例えば・・・

過去に不幸な出来事があった
→その出来事はどんな風に前向きに捉えられるか?

お金がない、時間がないなどの制約
→お金や時間があるとしたら何ができるか?

○○は△△すべきという固定観念
→△△でなくてもいいとしたらどうするか?

というような視点について、掘り下げて質問していきます。

 そしてこのような問いかけに対する答えを探して行くと、思わぬ解決策が見つかることがあります。

 さらに、それが制約条件に引っかからないことも往々にしてあるし、制約条件を回避することが可能な場合もあります。

 しかし、こうして解決策を見出しても、実行しなければ意味がありません。

 実行に向けて後押しするのも、コーチングの重要な役割の一つです。

 このために重視するのが、自己責任の意識です。

 コンサルティングなどでは、どうしてもコンサルタントとクライアントは先生と生徒という関係になりがちなので、クライアントは受け身になってしまいます。

 しかしながら、クライアントがやる気を持って課題解決に取り組むには、自発的に行動を継続させることが必要です。

 そのため、クライアントとコーチは基本的には対等なパートナーとしての関係を持ちます。

 クライアントが主体に活動し、コーチは協力者として関わります。

 さらに、自発性を促すために重視するのが、相手を承認することです。

 これは、以前にも説明したピグマリオン効果*というのを利用しています。

—ピグマリオン効果———-

昔、ある学校でテストがありました。
そのテストは、かの有名なハーバード大学で開発されたもので、そのテストの成績により、その後数ヶ月の学力の伸び学力が判定できます。
で、そのテストを実施し、結果が出ました。
担任の先生は名簿を見せられ、「このテストで好成績を挙げた、最も学力が伸びると想定される生徒たちはこの人たちです」と教えられました。
そして、その数ヶ月後。
テストの成績が優秀と伝えられた生徒達は、確かにすばらしい成績を収めていました。
ところが、実はこの話の中のテストは特別なものでも何でもなく、ごく普通の知能テストでした。
そして、そのテストの成績優秀者の名簿も、テスト結果とは関係なく、無作為に選んだものだった、と言うのがオチ。
この例のように、相手の可能性を信じて、それにふさわしい接し方をしてあげれば、相手は実際にその通りの人になってくると言われています。
これを、ピグマリオン効果と言います。

———————————

 この例のように、コーチはクライアントの行動を承認することでプラスの行動強化を行い、継続へのモチベーションを高めます。

 以上のような一連の支援を行うにあたり、基本となるのが相手の話をしっかりと聞くことです。

 聞くこと自体が相手を承認していることになりますし、適切な質問をするための情報ともなります。

 

 如何でしょうか?

 こうして見てみる、とても合理的な方法に思えませんか?

ページ先頭に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © Kちゃん商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.