そろそろ、夏野菜の育苗を開始する季節となりました。

今回は、育苗を私たちの行う管理の面から見て見たいと思います。

種から幼苗を育てるというと、大きく分けて、直播栽培、移植栽培があります。

そして、移植栽培の中でもポットとかセル成型苗とか色々あります。

そこで今回はベーシックに、これらの特徴について述べていきたいと思います。

直播の特徴

釈迦に説法ですが、直播とはタネを直接畑にまく方法です。

この方法の最も大きなメリットは、作業が楽、それに早いことです。

別のところに植えて移植する訳ではないので、余分な手間もかかりません。

移植栽培では育苗した苗を植える訳ですが、苗よりタネの方が丈夫なので、直播はそんなに気を使わなくても良いです。

機械で植えるにしても、移植より直播の方がスピードが出せます

また、特定の野菜、例えばダイコンやニンジンなどの根菜では移植栽培はできないため、必然的に直播となります。

あと、ほうれん草などの直根性の野菜も、移植栽培はあまり適さず、直播栽培がメインとなります。

ただし、この場合は欠株がでないように、すじまきなどでたくさん播くので、間引きする手間が増えることとなります。

ビニールポットでの移植栽培の特徴

移植栽培の方法は色々あります。

・畑の一角に育苗スペースを設けて、そこで育てた苗を別の場所に移す方法

・ポットやセルで育ててから畑に定植する方法

・セルトレイなどで育てたあと、ポットに移し替えてさらに大きくしてから定植するといった何段階も手順を踏む方法

これらいろんなものがある中でも、最もよく行われるのが黒ビニールポットで育ててから定植する方法と思います。

メリットは非常に多いです。

・ 大きくなってから定植するので、畑の雑草に負けにくい。

・ 発芽直後は弱いので、害虫や天候不良で容易に枯れがちですが、ポット育苗では手厚く管理できるので生育しやすい。

・ たくさん作って生育の良いものだけを定植すれば良いので、生育が揃いやすい

・ 輪作などで、前作が長引いて畑が空かないときも別の場所で次の作を準備でき、畑が効率的に利用できる

・土や肥料分が少しで済むので、理想的な培土を準備できる

・ イチゴのランナーとか、トマトの挿し木とか、個体数を増やすのに便利

一方のデメリットは、直播栽培のメリットの裏返しということになります。

ダイコン等不向きな野菜がある、手間がかかる、資材の費用がかかる、ポットから畑に生育環境が激変するので生育不良が出る場合がある(定植する少し前から環境に少しづつ鳴らす必要)

等々です。

セルトレイの特徴

直径3センチ以下の、小さな穴の空いたセルに土を入れて育てる方法です。

独立したポットよりもさらに少ない培土で済みます。

面積の効率は非常に良いです。

反面、土が少ないので、ちょっとした潅水不足ですぐに土が乾いて枯れてしまいます。

また、根が伸びにくいので老化しやすいなど、かなり気を使います。

回転の早い葉菜などの場合は、セルから直接定植しますが、長時間で大きく育てることが必要な果菜では、セルで育てた後、ポットに移植して育苗を続けることが多いです。

その他

ポット等で移植する際には、取り出すの手間がかかるし気を使います。

そこで、紙とか分解性のポットが市販されています。

これですと、そのまま土に埋められるので便利です。

ただし毎年買わなければならないそのぶん高くなります。

ポットなどの容器を使わず、畑の一角に育苗スペースを設け、そこで栽培する方法もあります。

環境があまり変わらないし、近いので何かと便利です。

ただし、培土や潅水など、管理面でのメリットが小さくなります。

直播とポット栽培の中間的な意味合いとなります。

タネを発芽させるのが一番大変なわけですが、専用の育苗容器にすじまきして暖房機の近くで管理することもあります。

あるいは、ビニール袋に濡らした脱脂綿を入れてタネをそこに入れ、そのビニール袋を肌着につけて人肌で温めたりもします。

そして、発芽してからポットやセルに移植します。

このように何段階もかけると、手間はかかりますが、そのぶん管理も行き届きます。

まとめ

いろんな育苗方法についてまとめてみました。

それぞれ、メリットデメリットを考えて、上手に使い分けましょう。

そもそも、購入した苗を使うという人も多いかと思いますが、自分で苗から作るのもまた楽しいです。

参考にした本

東京近郊そ菜技術研究会編 野菜の成型苗利用と生産システム 誠文堂新光社

池田英男 川城英夫 野菜栽培の基礎(農学基礎セミナー) 農文協

関連投稿

苗を鍛える