農家の想いを伝えるお手伝いをする、コーチ兼業農家のサイト

植物一般

  • HOME »
  • 植物一般

植物の性質や生育のしくみなど、植物に関する一般情報をお伝えするページです。

栄養生長と生殖成長
 

栄養生長と生殖成長

栄養生長と生殖成長

本格的な野菜栽培のシーズン真っ最中です。090624_0545

路地野菜では、果菜類の定植の時期ですね。

ナス科の野菜では、定植する苗はだいたい花芽がついているくらいの大きさとなっていることと思います。

これに対して、トウモロコシとかエダマメとかは、定植時点では茎葉のみで、ある程度大きくなった後に花芽ができて実がなります。

茎葉が大きくなる過程は栄養成長期、花芽が出来始めてからは生殖成長期と呼ばれます。

トウモロコシやエダマメは、栄養成長期と生殖成長期がはっきり分かれています。

ナスとかウリとかは、栄養成長と生殖成長が同時に起こります。

今回のテーマは、よりよい栽培管理の一環として、栄養成長と生殖成長を上手い具合にコントロールできないか、考えていきたいと思います。

 

その前に、まずは生殖成長に至る過程を、詳しく見てみましょう。

まず、多くの植物は発芽した時点から、既に花芽を形成させようとしているそうです。

しかし、そんな時から花をつけてタネを作ろうとしても、蓄えている栄養分が少な過ぎてまともなタネはできません。

そこで、これを抑える遺伝子が働いて、栄養成長に持って行かせています。

この遺伝子は成長とともに弱まってきて、ある時期が来ると、花芽を作り始めます。

花芽は、葉で作られた植物ホルモンが茎の成長点まで移動して、そこで作られます。

ただし、この植物ホルモンは明確に特定されたものではなく、詳細はまだ明らかになっていません。

 

生殖成長に移行する条件は、現象としては色々なことが影響していることが分かっています。

まず最も有名なのは、日の当たる長さです。

植物の種類によって異なりますが、ホウレン草やレタス等は日が長くなるのを感知して花芽ができます

長日植物といいます。

逆に、キュウリ、イチゴ等は短日植物といって、日が短くなると花芽が出ます。

トマトやナスは、日長には関係なく花芽がでます(中性植物といいます)。

なお、日長というのは正確でなく、実際には夜の長さです。

植物に人工的に光をあててみたところ、光をあてる時間の長さは関係なく、あてていない時間の長さで花芽が出るかどうかがきまっていたそうです。

暗い時間帯の途中で、光をあてて中断させると花芽が出るのが妨害されます。

 

さらに、光と言っても特に赤い光が重要です。

上述の暗闇の中断に有効なのが赤い光です。

この赤い光を無力化する光もあるのですが、ここまで来ると話がややこしくなりますので省略します。

 

ダイコンの花あと、温度も重要です。

キャベツやタマネギ等は、低温に反応して花芽が出来ます。

バーナリゼーションと言います。

秋撒き小麦などは、吸水した種とか発芽したばかりの段階で低温に合わせることにより、常温に戻した後に花芽ができやすくなります。

他には、アブラナ科の植物も有名ですね。

冬の低温を経験させると、その後、春に気温が上がってくるとトウ立ちしてきます。
ただし、低温にあってもその直後に高温にさらすとバーナリゼーションの効果を打ち消すことができます。

ディバーナリゼーションと言って、ハウスで白菜等の春どり栽培するときなどに利用します。

さらに、花芽が形成されるのと、その花芽が生育する条件は必ずしも同じではありません。

春菊は、上述した通り、日が長くなると花芽が出来ますが、温度が高くならないと花芽が成長しません。

話は、相当ややこしくなりますね。

温度は、その年によって異常気象とか色んな要因があるので、植物のほうも色んな条件に対応できるようになっているのですね。

 

これ以外にも、発芽してからの時間も影響します。

上述したとおり、発芽直後は遺伝子の影響で花芽ができるのが抑えられていますが、時間が経つに従って、これが弱まります。

従って、もし果菜などの定植で、花芽を早くつけさせたいなら老化苗、逆の場合は若苗を考えるのも一つの手かも。

苗の活着とか、他にクリアーしなければならない問題はありますが。

 

肥料成分も影響することが知られています。

原因についてはあまりよくわかっていませんが。

マメ科やウリ科の植物で、窒素をやりすぎると過繁茂となって実がつきませんね。

とは言っても、やはり窒素は必要。

花芽ができてから追肥することが、よく行われます。

 

最後に、植物ホルモンの働きです。

これも、非常にややこしいです。

一つの植物ホルモンで、多数の植物生理に影響しますし、植物ホルモンの量によっても働きが変わります。

しかも、複数の植物ホルモンにより、効果が変わることもあります。

花芽形成には、フロリゲンという植物ホルモンが重要ということになっています。

フロリゲンは葉で生成され、茎のてっぺんまで移動して花芽ができます。

しかし、このフロリゲンについてはまだあまりよく分かっていません。

実際に、存在が確認されたのもほんの数年前です。
フロリゲン以外で、生殖成長に重要な働きをする植物ホルモンとしては、ジベレリンが挙げられます。

これは発芽を促進したり、老化を抑制したりする働きがあります。

ブドウで、シベレリン処理というのがあります。

シベレリン液をブドウの房に漬けると、受精しなくても実が肥大化します。

これこのことから、種なしブドウを作る時に使われています。

オーキシンという別の植物ホルモンともに作用して、オーキシンの働きも強める働きもあります。

ついでに、オーキシンの働きを述べますと、頂芽の生長を早めたり、わき芽の生長を抑えたり茎を光の当たっている向きに曲げたりする働きがあります。

これらの点から、生殖成長をコントロールする方法について色々と考えられます。

まず、葉から生成される花芽形成の植物ホルモンが影響する、という点から、葉っぱがあると生殖成長しやすくなることが分かります。

ということは、逆に葉物野菜などで春先のトウ立ちを抑えるには、カキ葉を収穫していけばよいことになります。

果菜などで、葉っぱをとるわけには行かない場合には別の方法が必要です。

そういった場合は、追肥でコントロールすることが考えられます。

生殖成長を早めたければ、窒素を減らし、逆に生殖成長を抑えたければ、増やします。

これを植物ホルモンとの関係で行います。

シベレリンとオーキシンの関係から、枝の角度によって花芽の尽き方が変わると考えられます。

シシトウやナスなどの果菜、教科書を見ると、追肥は分枝の角度を見て行いなさい、となっています。

開いていたら生殖成長していて、閉じていたら栄養生長に傾いているためです。

閉じていたら灌水のみで、大きく開いていたら追肥します。

 

<参考にした本>

神阪盛一郎 谷本英一 新しい植物科学 培風館

小柴共一 神谷勇治 勝見允行編 植物ホルモンの分子細胞生物学 講談社サイエンティフィック

ページ先頭に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © Kちゃん商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.