農家の想いを伝えるお手伝いをする、コーチ兼業農家のサイト

食と健康

  • HOME »
  • 食と健康

農業や環境の面から健康について考えるページです。

医は農に学べ

 

医は農に学べ

近年、健康に関する関心は年を追うごとに高まってきています。a1180_002735

背景には、高齢化社会の進行や、生活習慣病の増加などが挙げられます。

その結果、世の中には色んな健康商材があふれかえっています。

各種のサプリメント類、ジョギングとか万歩計とかその他のスポーツ用品、マッサージ機、健康スリッパ、健康枕、等々挙げていけばきりがありません。

中には、疲労回復のための点滴というのまであります。

 

実際、健康は全ての活動の基本となります。

病気がちだとどうしても考え方が暗くなってしまいますし、何かの活動をしようと思っても行動が億劫になりがちとなります。

健康であるということは、それ自体が目的となるだけでなく、生活の質を高め充実した人生を送るための基礎となります。

そのため、上記のように色んな商材に多額のお金をかけて、健康であろうと努力するのでしょう。

 

とは言っても、単純にお金をかければ健康になれるというものでもありません。

健康は、その人のライフスタイル、生き方、価値観が密接に関わってきます。

いかに多額の投資をしても、不健康な生活習慣や価値観を改めない限りは成果は乏しいものとなるでしょう。
多くの現代人は、効率再優先とか管理主義の中で、心の余裕を失っています。

その結果が、いびつなライフスタイルとか価値観をもたらしています。

では、これを正すにはどうすればいいでしょうか?

一つのヒントとして、ある有名なお医者さんが医療について語った言葉を紹介します。

「医は農に学べ、農は自然に学べ」

百姓医者として有名な、竹熊宜孝先生の言葉です。

この言葉の中で、農が自然に学ぶべきであることは、明らかと思います。

現在では農業技術の近代化により、生産性は飛躍的に高まりましたが、弊害も顕在化してきています。

肥料の多投や過度な耕耘、化学農薬の使用などにより、土は痩せて砂漠化したり、河川は汚染されたり、不健康な作物ができたりします。

このような諸問題は、農作物の管理を人工的な環境にしていったことに根本があります。

今までは、このような生産方法でも何とかなりましたが、もはや限界に近づきつつあります。

従って、最近ではこういった管理はいずれも控えめにする方向に進んでいます。

それに伴い、病害虫や雑草も薬で押さえ込んでしまうのではなく、作物に害にならない程度で共存するという方針に転換しつつあります。

 

このような農業の状況がそっくり当てはまるのが医、すなわち健康問題です。

食生活の改善と各種医療により、人間の平均寿命は今までにないくらいに伸び、体格も昔と今では大人と子供くらいに違っています。

しかしながら、ストレスや飽食が私たちの精神を消耗させ、身体に変調をもたらしています。

現在は、これを無理矢理、薬やら何やらで押さえ込んでいます。

現代の農業と、ほぼ同じ構図ですね。

こんな風に見ると、疲れたから点滴、とかいうのはやはりおかしいのでは?と思います。

農業を、そして自然を参考にすれば、薬にはできるだけ頼らず、自分の本来持っている自然治癒力を高めるよう努力すべきでしょう。

そのためには、過食はやめる(農業では肥料を控える)とか、腸内の微生物環境を良くする(農業では、土壌の微生物相を豊かにする)とかやるべき対策は自ずと見えてきます。

さらに、農業や自然をお手本にすると、眠るべき時間にはしっかり眠る、日光を十分浴びる、運動する、といったことの重要性も見えてきます。

 

ただ、そうはいっても実際には経済問題、その他諸般の事情もあるでしょうから、必ずしも全ての対策が取れる訳ではありません。

そういう人は、せめて少しでも時間を見つけて農作業をしましょう。

植物を育てること自体、健康に役立ちます。

健康は、栄養、運動、休息といわれますが、農作業には全ての要素が詰まっています。

それだけでなく、生き物を育てることはそれ自体に生き甲斐を持つことにも通じます。

そして、自分で作った野菜は無駄にせず、大切に食べるという意識が生まれ、価値観も含めてトータルな意味での健康状態になっていくことが期待されます。

 

SN3D1907さらに望ましくは、もう一歩進めて、加工品まで自分で作ってみたいものです。

例えば味噌。

健康食品として有名です。

どんなに健康にいいか、ということについてはここでは述べませんが、江戸時代には味噌は「医者殺し」と呼ばれていたくらいです。

みんなが味噌で健康になるので、医者にかかる人がいなくなって医者が食いはぐれるという意味です。

で、この味噌、お店で買ってもいいのですが、その際には色々と気をつけなければならない点があります。

例えば市販のものですと、健康志向のために減塩している味噌がかなりあります。

しかし、そうすると腐敗しやすくなるので、これを防ぐために防腐剤を入れていたりします。

防腐剤を添加して、健康志向というのも違和感がありますね。

本来、味噌は塩分量にかかわらず高血圧を抑える効果があります。

それを、塩分イコール高血圧というプロパガンダに迎合して減塩するというのは、消費者本位の立場を見失っている感もあります。

 

これ以外に、原料のダイズも、外国産ですと遺伝子組換え品かもしれません。

(含有量が5%未満までなら「遺伝子操作でない」という表示をしてもよいということになっています。)

さらには、安く大量生産するために色んな添加剤を用いて短期間で発酵させたものも多いです。

この場合、風味が少ないので化学調味料を用いて味付けしています。

発酵によってできる有効成分も少ないです。
このように、味噌を買う際には、色々とチェックしながら選ぶ必要があります。

それに、もしそうしたとしても食品偽装の問題もあります。

例え、ラベルの表示内容を全部チェックしてもその表示が本当に正しいとは言い切れません。

 

こうしたことを考えていくと、やはり作れるならば、自分で作りたいものです。

味噌の作り方自体は、簡単です。

詳しくはインターネットでも本でも調べられますが、単純に言えばよく煮た味噌と麹と塩を混ぜて寝かせるだけです。

このような単純な作り方であったも、実は味噌作りは非常に奥深いものでもあります。

昔、何かの本で読んだかラジオで聞いたのですが、味噌作りの会というのがあるそうです。

何人かが同じ材料で、同じ日に同じ場所に集まって味噌を仕込むのだそうです。

そしてそれを、各自が持ち帰って寝かせます。

そして何ヶ月かして食べられるようになった頃、それぞれが仕込んだ味噌を持ち寄ります。

で、みんなの味噌を試食してみますと、全員が違う味になっているのだそうです!

仕込んだ人の手についている常在菌とか、保管している場所に漂っている菌が違うことにより、発酵の仕方が微妙に変わるためだそうです。

身土不二とかいって、その土地の食べ物を食べることが健康にいい、という考え方がありますが、家庭内や人間自身といった狭い範囲でもこのような環境の影響があるのですね。

 

こんな風にみてみると、自分で作った自分独自の食材には愛着もわくし、食べ物を大切に思う気持ちも出てきます。

それにより、健康な生活を送るためのライフスタイルが自然と身に付いてきます。

以上は味噌の話でしたが、それだけでなく納豆とか漬け物とかパンとかうどんとか、その気になれば作れるものはいくらもあります。

漬け物などは、味噌よりももっと品質の差が激しいです。

多くの漬け物は、発酵させずに単に味付けのために漬け液に浸しているだけです。

これでは、ほとんど健康には何の役にもたちません。

やはり、自分で漬け物を作りたいところです。

 

こうした加工品は、作るのは手間がかかるし、面倒と思われることもあるでしょう。

しかし、こうした加工品を作るのも、農作物や料理を作るのと同様、人間の最も基本的な営みの一つです。

食材そのものや、それを作っている人に対する感謝の気持ち、微生物の持つ不思議な能力に対する畏敬の念など、多くのことが学べます。

何よりやってみると楽しいですし、家族や親しい友人とともに自分の作った食材を食べてみるとコミュニケーションもはずみ、かけがえのない時間が過ごせます。

ページ先頭に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © Kちゃん商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.